社労士法人はまゆう

宮崎はまゆう社労士予備校


3つの徹底により合格を目指す社労士予備校です。

1 解りやすい講義を徹底します。

2 講義と演習の相互リンクを徹底します。
3 合格に必要な知識だけを伝授することを徹底します。

講座パンフレット

ダウンロード
はまゆうの社労士合格小教室の講座パンフレットです。
2017年合格目標  パンフレット.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 408.2 KB

社労士試験合格を目指す方へ

 弁護士・社会保険労務士の梶永 圭と申します。

 この度は、数ある社労士試験予備校の中から当予備校のホームページを御覧いただきありがとうございます。

 

 2017年2月から、「社労士試験合格小教室」という名称の社労士試験予備校を開講しました。

 

 日々の弁護士業務及び社労士業務を行う中で、社会保険労務士の最近の難化傾向によりなかなか合格できない方と触れ合う機会が多々ありました。

 その理由は、例えば、

「予備校で勉強していない範囲が出題された。」

「試験問題が長文となり、試験時間が足りなかった。」

「範囲が多すぎて、どう勉強したら良いのかわからない。」

「予備校の教師がテキストを読み上げているだけで、講義の内容が理解できない。」など、多種多様でした。

 しかし、このような理由に対しては、

「合格できるだけの知識が掲載されたテキストを利用すればいい。」

「日頃の勉強で長文の試験問題に対応できる読解力を身につければ良い。」

「合格できるだけの知識だけに絞って要領よく記憶すれば良い」

「法の本質から、条文の説明をすれば理解が出来る」

など、実は、やるべきことは明確だと思います。

 ただ、それらを実現してくれる予備校が少ないのだろうと思います。

 そこで、初学者からベテラン受験生まで、社労士試験合格をしたいと強く願っている方を対象にした予備校を開講したいと考えました。

 

 私は、行政書士予備校、司法試験予備校、司法書士予備校で合計10年以上の講師経験があります。

 テキストは、基礎知識を理解するにはこれ以上わかりやすいテキストはない「マンガはじめて社労士」と社労士が日常利用している「社会保険労務ハンドブック」を利用します。

 諦めないでください。

 まずは、ガイダンスをお聞きください。

 私らの講義を聞いて頂ければ、合格を実感できると思います。

                                  以上